胎児の代襲相続とは

代襲相続とは、子や兄弟が相続する場合に、相続人になるはずの人が相続開始前に死亡していたときなどに、その人の子や孫が代わって相続人になる制度です。代襲される人(相続人になるはずだった人)を「被代襲者」といい、代襲する人(その人の子や孫)を「代襲者」といいます。代襲は、亡くなっている場合の他、相続欠落や相続人の廃除で相続権を失った場合にも成立しますが、相続人が相続放棄をした場合には成り立ちません。
胎児の場合も、相続開始のときに生まれたものと見なされて、代襲者になります。無事に生まれてくれば相続権を持ち、死産の場合には相続しないものとされます。胎児がいる場合の遺産分割は、必ずしも無事に生まれてくるとは限らないため、出生を待って行うのが無難でしょう。胎児が生まれた後、遺産分割協議をするにあたって、生まれてきた子の特別代理人を選任します。これは、遺産分割協議では、母親と子の利益が相反するからで、家庭裁判所に申し立てて、利害が対立しなり第三者(親族や専門家など)を子どものための特別代理人を選任してもらいます。この代理人選任の手続きは、胎児がいる場合だけでなく、未成年の子どもがいる場合に必要になります。

コメントは受け付けていません。