胎児は相続できるのか

相続では、亡くなった人の配偶者と子供に遺産を受け継ぐ権利が認められています。法律では、財産の所有者であった人が亡くなった時点で存在していない人は原則遺産を受け継ぐことはできないと定められています。しかし、胎児の場合は遺産を受け継ぐ権利を有しているとみなされます。例としては、財産の所有者が亡くなった時点で、その人の妻が妊娠している場合は、そのお腹の胎児がその後に無事生まれた場合は、財産を受け継ぐことができます。しかし、流産や死産などで亡くなってしまった場合は、遺産を受け継ぐ権利を失ってしまいます。そのため、財産を受け継ぐ権利をもっている胎児が無事に生まれるまでは、遺産の分割協議は保留になります。遺産の分配では、配偶者と子供がいる場合は、故人の親や兄弟には財産を受け継ぐ権利は発生しませんが、配偶者だけの場合は、親や兄弟などのほかの血縁関係者にも財産を受け継ぐ権利が発生してきます。特に、配偶者のお腹にいる胎児以外に子どもがいない場合は、その胎児が生まれるか死産するかで遺産の分配の割合が大きく変わってきます。ちなみに正式に籍をいれていない女性との間にできた胎児の場合も、胎児認知を行っていれば、遺産を受け継ぐ権利をもつことができます。観葉植物04

コメントは受け付けていません。