審判認知とは

婚姻関係にない父母の間に生まれた子について、その親が自分の子供であることを認めることで、法律上でも親子関係の責任が発生する制度を指して、認知といいます。原則、子を産むこととなる母親は当然認知を受けるため、認知に関する問題は父親にのみ関係すると言ってもいいです。認知は3種類あり、父親が自発的に自分の子であることを認める場合を任意認知といいます。任意認知で済めばいいのですが、父親が認知を認めない場合には、裁判による強制的な対処法が執られることになります。これが強制認知であり、子側から父親の意志に反して訴えることで、認知を請求することが可能なのです。そしてこの2つの間にあるのが審判認知です。これは強制認知が裁判上で争うことになる事に対して、家庭裁判所に認知調停を申し立てすることで解決を望むものです。調停員と協議し、父親がここで認めたならばその後裁判で争う必要性はなくなります。例え血がつながっていることが明らかな父子であっても、認知を認められなければ親子関係であるとは認められません。扶養義務や相続権といった、子供のその後の人生に大きく関わる責任問題となるため、子供が当然受けるべき権利を与える認知を両親共々受ける必要があるのです。

コメントは受け付けていません。