‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

胎児の代襲相続とは

2015/06/23

代襲相続とは、子や兄弟が相続する場合に、相続人になるはずの人が相続開始前に死亡していたときなどに、その人の子や孫が代わって相続人になる制度です。代襲される人(相続人になるはずだった人)を「被代襲者」といい、代襲する人(その人の子や孫)を「代襲者」といいます。代襲は、亡くなっている場合の他、相続欠落や相続人の廃除で相続権を失った場合にも成立しますが、相続人が相続放棄をした場合には成り立ちません。
胎児の場合も、相続開始のときに生まれたものと見なされて、代襲者になります。無事に生まれてくれば相続権を持ち、死産の場合には相続しないものとされます。胎児がいる場合の遺産分割は、必ずしも無事に生まれてくるとは限らないため、出生を待って行うのが無難でしょう。胎児が生まれた後、遺産分割協議をするにあたって、生まれてきた子の特別代理人を選任します。これは、遺産分割協議では、母親と子の利益が相反するからで、家庭裁判所に申し立てて、利害が対立しなり第三者(親族や専門家など)を子どものための特別代理人を選任してもらいます。この代理人選任の手続きは、胎児がいる場合だけでなく、未成年の子どもがいる場合に必要になります。

胎児は相続できるのか

2015/06/23

相続では、亡くなった人の配偶者と子供に遺産を受け継ぐ権利が認められています。法律では、財産の所有者であった人が亡くなった時点で存在していない人は原則遺産を受け継ぐことはできないと定められています。しかし、胎児の場合は遺産を受け継ぐ権利を有しているとみなされます。例としては、財産の所有者が亡くなった時点で、その人の妻が妊娠している場合は、そのお腹の胎児がその後に無事生まれた場合は、財産を受け継ぐことができます。しかし、流産や死産などで亡くなってしまった場合は、遺産を受け継ぐ権利を失ってしまいます。そのため、財産を受け継ぐ権利をもっている胎児が無事に生まれるまでは、遺産の分割協議は保留になります。遺産の分配では、配偶者と子供がいる場合は、故人の親や兄弟には財産を受け継ぐ権利は発生しませんが、配偶者だけの場合は、親や兄弟などのほかの血縁関係者にも財産を受け継ぐ権利が発生してきます。特に、配偶者のお腹にいる胎児以外に子どもがいない場合は、その胎児が生まれるか死産するかで遺産の分配の割合が大きく変わってきます。ちなみに正式に籍をいれていない女性との間にできた胎児の場合も、胎児認知を行っていれば、遺産を受け継ぐ権利をもつことができます。観葉植物04

胎児と遺産分割とは

2015/06/23

遺産分割を行う場面では、一般的には法律によって定められた内容で分割されることになります。一般的な家庭の場合では、配偶者に2分の1、その子供に2分の1という分け方が原則とされていますが、子供に関しては複数名の存在がある家庭も多いために、実質的には総額の2分の1を子供の人数によって分割することになります。子供という形式に関しては、通常では実子が相当することになりますが、遺産の場合では養子であっても対象者とされているために、養子のいる方の場合では事前に取り決めを行っておくことによってトラブルを回避することもできます。また、子供として成立する部分としては胎児に関する問題があります。胎児に関しては民法によって定められている内容があり、子供として認知されることが一般的になります。しかし、実質的には本人の意思を確認することは困難な状況にあるために、トラブルなどが発生するようであれば、事前に専門家に相談することも良い方法です。遺産の分割を実際に行う場面では、胎児の場合では出生した後に開始されることになることも一般的になり、相続権を法律によって得ることが可能とされています。分割を行う方の場合では、生前に遺言書を作成する方法もあり、スムーズに分割させることもできます。観葉植物03

認知と遺産分割の関係について

2015/06/23

認知は父親が自分の子として認めるもので、自分の意思により認める場合や裁判などにより強制的に認められる場合があるほか、遺言によっても可能です。
認知がなされた場合、法律上は他の相続人と同等の関係となりますので、遺産分割協議にも大きな影響を与えます。たとえば被相続人が死亡する前に認知がなされていた場合は、その子どもを除外して分割協議を行ったとしてもそれは無効となりますので、全ての協議をやり直す必要があるのです。
ただし遺言や裁判によるものである場合、他の相続人がその子どもの存在を知らないままで、相続財産の分割協議を済ませてしまうケースもよくあります。この場合はすでに相続財産の処分が終わってしまっていることも多く、協議そのものをはじめからやり直すのは不可能、もしくは多大な労力と時間を要することになるのが予想されることから、法律では財産の分割協議をやり直さなくていいとしています。そのかわりに協議に参加できなかった子どもについては、他の相続人に対して自身の相続分について価額での支払いを請求することができるとされており、それによって本来受け取るはずであった財産や権利の対価を手にすることができるように配慮されています。観葉植物02

審判認知とは

2015/06/23

婚姻関係にない父母の間に生まれた子について、その親が自分の子供であることを認めることで、法律上でも親子関係の責任が発生する制度を指して、認知といいます。原則、子を産むこととなる母親は当然認知を受けるため、認知に関する問題は父親にのみ関係すると言ってもいいです。認知は3種類あり、父親が自発的に自分の子であることを認める場合を任意認知といいます。任意認知で済めばいいのですが、父親が認知を認めない場合には、裁判による強制的な対処法が執られることになります。これが強制認知であり、子側から父親の意志に反して訴えることで、認知を請求することが可能なのです。そしてこの2つの間にあるのが審判認知です。これは強制認知が裁判上で争うことになる事に対して、家庭裁判所に認知調停を申し立てすることで解決を望むものです。調停員と協議し、父親がここで認めたならばその後裁判で争う必要性はなくなります。例え血がつながっていることが明らかな父子であっても、認知を認められなければ親子関係であるとは認められません。扶養義務や相続権といった、子供のその後の人生に大きく関わる責任問題となるため、子供が当然受けるべき権利を与える認知を両親共々受ける必要があるのです。

強制認知とは

2015/06/23

ある資産家の葬儀に、見知らぬ女性が子供を連れてやってきて、「実はこの子は故人の子で・・・」と言い出し、親族一同騒然となる、などというのはドラマの見過ぎと言われるかもしれませんが、葬式の席でなくても、このような申し立ては実際にあることなのです。「父親」が生前で、身に覚えがある場合に自分の子であることを認めることを「認知」と呼ぶことは広く知られています。
しかし、細かく言うとこれは「任意認知」というものです。裁判によって嫡出関係を認めさせる場合を「強制認知」と呼びます。この訴えは「父親」が生前ならば「父親」を被告としていつでも起こせますが、「父親」が死亡している場合は死亡から3年以内に訴えでなければなりません。冒頭のケースのように「父親」が死去している場合、この裁判の被告は何と検察官になります。
遺産の分割は、法定相続人全員で行うのが原則です。しかし、遺産分割協議が終わった後にこのような子供(法定相続人としての権利を有している)の存在が判明した場合は協議はやり直さないことになっています。認知された子は、「価額による支払い請求」を行えるのみです。この「価額」とは、「実際の価値」くらいの意味ですが、正式な遺産相続よりその額が低くなることは間違いありません。

任意認知とは

2015/06/23

父親が、法律上の婚姻関係にない父母の間に生まれた子を、自分の子どもと認めることを「認知」といいます。父親が認知すると、法律上の親子関係が生じて、扶養の義務や相続権などが発生します。認知の効力は、出生の日から発生します。
「任意認知」とは、父親が自分の意思で認知することで、原則としていつでも出来ます。未成年者については、満15歳以上で認知能力があるものとして扱われています。成年の子どもを認知する場合には本人の承諾が必要で、胎児の場合には母親の承諾が必要です。死亡した子どもでも、その直系卑属があるときに限り認知できます。
届け出先は、父親か子どもの本籍地、父の所在地のいずれかの市町村役場です。子どもが胎児の場合には、母親の本籍地の市町村役場に届け出ます。また、遺言によっても認知ができ、この場合は遺言執行者が届け出ます。子どもや利害関係者は、認知が無効であることを主張したい場合に、認知無効の訴えを提起することができます。
父親が子どもの認知をしない場合や父親が死亡や病気で認知できない場合には、家庭裁判所に申し立てます。ただし、死亡後3年を過ぎると認められません。裁判で認められた場合には、10日以内に認知を届け出ます。観葉植物01

相続における認知の方法

2015/06/05

遺産相続はその分配方式が大きな問題になるものであるとされています。家庭環境が複雑であればそれだけ難しい問題になるため、法的に解決する方法として生前にその意思を遺言書にまとめておくと言う手法を選択することが出来ます。この方法は民法で認められている範囲であれば、その意思を死後に法的な拘束力を持って示すことが出来るものであるため、何らかのトラブルが発生する可能性を予見している場合には弁護士などと協力して遺言書を用意しておくと言う対応をすることも珍しいことではありません。
例えば婚外子の存在があり、その婚外子に一定の割合で財産を残したいと考える場合にはその婚外子が実施であるという認知をしなければなりません。しかしながらその様な行動は非常に大きな問題を生む可能性があると考えられており、中々表に出すことが出来ない話であると言えるでしょう。そのため遺言状の中に実子として認める旨を書き込むことで意思を示すことが出来ます。遺言状は一般的に本人の死後に効力を発揮するものですので、その書面を以って婚外子を実施と認め遺産相続の対象にすることが出来るのです。この様な手続きについては弁護士を通じて準備をしておくことが非常に重要であると言えます。